旧姓。

最近、ライン上で大学時代の仲間達と話す機会がありまして。

 

なんか、妙に嬉しいのが旧姓で呼ばれること。

 

何でしょうね、この気持ち。

旧姓で呼ばれると、昔の「自分」という個人に戻った気がするんですよね。

 

ノリスケ君もそう。

私のことを旧姓で「○○さん」と丁寧に呼んでくれるのが、すごく嬉しい。

自分で自分を認識できる感じ。

 

結婚して今の名字になれた時、それはそれは嬉しかったです。

だって、大好きな人の名字だから。

 

でも、

この名字で生きてきた13年間で、新たな自分を造り上げてきた気がします。

 

養ってもらう生活、家事や育児、親戚付き合い…そんな結婚後の当たり前のやりとりのなかで、本来の自分らしさや、良いところ悪いところ、それらが無くなってきたように感じるのです。

 

どうして子供に合わせなければいけないの。

どうして夫に気を遣って我慢しなければいけないの。

どうして好きなように暮らせないの。

 

ずっと違和感を感じていました。

自分軸が全くありませんでした。

 

そのうち、

 

結婚したこと自体が間違いだったんじゃないか。

私は母親になってはいけなかったんじゃないか。

もういっそ、一人に戻った方が良いのではないか。

 

そんなことまで考えていました。

 

でも、それは違うのかなと思い始めています。

 

合わせたくなければ合わせなければいい。

やりたいことはやればいい。

好きなように暮らせばいい。

 

それをしてこなかったのは、私。

 

母親ならこうするべき。

良い妻ならこうするべき。

家族とはこうあるべき。

 

そんな自分で勝手に造り上げた考えに縛られていました。

それと同じように、家族のことも縛っていたのです。

 

ちょっと変わったお母さんでいいじゃん。

自分勝手な妻でいいじゃん。

人とは一風違った家族の形でいいじゃん。

 

幸せならそれでいい。

私は私の人生を生きよう。

 

最近、楽に生きられる自分のレールを見つけ始めたところです。


f:id:yysy:20161119112747j:image

さ、簿記勉強、簿記勉強!

 

 

 

広告を非表示にする