諦める、手放す。

おはようございます。

 

日曜日の朝でやんす。

 

昨日はある行事がありまして。

そのことで、私からノリスケ君にメッセージを送ろうと思えば送れたのですが、止めました。

 

ええ、なんとなく。

 

必死になるのはもうやめようかと。

 

ノリスケ君は素敵な人なので、

ノリスケ君は本当に素敵な人なので、

ノリスケ君は本当に本当に本…(しつこい?)。

 

 

 

ノリスケ君とは小学生の頃からの知り合いです。

同じクラスになったことが無いので、特に交流は無かったものの、ノリスケ君とのことで凄く印象に残っている場面が私にはあるのです。

 

先日、

小学生の頃の話題になり、ノリスケ君もその時のことが印象に残っていたことが分かりました。

その時にノリスケ君は私のことを

「賢い人だなあ」と感じ、

私はノリスケ君のことを

「なんて感じの良い人なんだ」

と、思っていたのです。

 

この思い出を共有出来ているだけで幸せ。

もう、これで充分です。

私の邪心でノリスケ君の輝きを曇らせたくない。

そっと離れたところから、私の中だけで想っていようと思います。

 

そして、私は自分のことを頑張ろうと思います。

 

そんなことを思った昨日でした。

 

昨日のおやつ。

f:id:yysy:20161127083355j:image

たべっこどうぶつ。

 

晩ごはん。

f:id:yysy:20161127083410j:image

美味しく作れた。

 

ケチャップ。
f:id:yysy:20161127083503j:image
か、かわいい。

広告を非表示にする