長男。

昨日の興奮が冷めやらずにプラレールを引っ張り出す次男。
f:id:yysy:20160213162739j:image
生活動線のど真ん中にレールを組み立ててしまったものだから、ここを通る度に毎回何かを踏みつけてしまう。

エプロンを完成させました。
f:id:yysy:20160213162752j:image
家にある材料のみで作ったので、腰の紐が何だかアレですが。
そして生地もどこかでよく見かけるものですが。

そう、これです。
f:id:yysy:20160213162804j:image
気にしない~気にしない~♪気にしない~♪

午後は次男とクッキーを作りました。
f:id:yysy:20160213162814j:image
お菓子作り、苦手です。
自分でハッキリわかります。センスが無い。

そんなこんなで完成したクッキー。
楽しみにしていたわりに、どうも次男の手が伸びない。
聞くと、鼻が詰まっていて味を全く感じないらしい。


長男はどうしたのかと言うと、熱を出して寝ております。

午前中、あまりにけじめの無い長男に一方的に怒ってしまいました。
自分からやると言ったことをせず、全て中途半端の状態で放置。
普通に言っても聞きゃしない。
なめられているように感じ、怒り任せにラジコンを放り投げて壊してしまいました…。

これはやってはいけない。

長男の不満を増幅させるだけ。
分かっているのに止められない自分にひどく自己嫌悪。
せっかく良くしようと心掛けて頑張ってきたのに、自分が積み重ねてきたものを、自分自身で壊してしまっているじゃないか。

とにかく、長男の言い分を聞こうと思いました。

怒りは静まりきっていないものの、後悔の気持ちも同じだけ沸き上がっていました。

長男の言い分としては、
ちゃんと自分の話を聞かずに、弟が泣いてわめいたことをパパママが鵜呑みにして、自分ばかりを怒ることが嫌なのだそうです。

弟に対して手加減しろと言うけど、腹が立って仕方ないからそんなの無理。
最初に叩いてくるのは弟の方だ。

でも、自分の言い分は全然聞いてくれない。


泣きながら話してくれました。

これからは長男と次男、両方の言い分をちゃんと聞くようにすると答えました。

長男は、話すことで私が変わることを期待している気持ちと、どうせ話しても無駄だと言う気持ちの両方で揺れているように感じました。

午前中そんな事がありながら、
その後長男は宿題を片付けたりしているうちに、体調が悪くなり熱を出しました。

今も寝ています。
ほっぺを赤くして眠る長男はとても幼く見えます。

長男との約束を死ぬ気で守らなければいけない。
私への信頼をこれ以上裏切ってはいけない。

そんなふうに感じています。




広告を非表示にする