孤独論


私は、結構な寂しがりでして。


かと言って、常に自分以外の誰かと過ごすの

は苦痛で。


ええ、ややこしいのです。


一人でいる事は怖くありません。


「孤独」が怖いのです。


f:id:yysy:20150623230030j:image
谷川俊太郎の問う言葉答える言葉」より


ほほう、そういう見方もあるのか。


孤独と言うものは、

当人が感じるものであって、

状態を表す言葉ではないのだろうか。


愛することさえ出来たら……か。



「一人でいる時の寂しさより二人でいる時の    
   孤独の方が悲しい」


ZARDの歌にもありますね。


この歌詞の意味を自ら体感して分かったの

は、30才を過ぎた時。

それまでの私はなんとも平和な恋愛をしてい

たのだなあと、ちょっと呆れる。



お?話逸れてる!


孤独とは、自分以外の他者がいるからこそ感

じるものなのではないかと思っています。


頭の中がまとまったので寝るとします。


広告を非表示にする